疾風の救世主お~くんの黄金動画館

クラシックランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.NIGHT HEAD
2.サンライズ
3.Dissection
4.ソン・ジソン
5.安藤沙耶香
6.医師免許
7.月下の夜想曲
8.小田島等
9.ぷよぷよ
10.W650

アイドル画像ランク
MR.CHILDREN music clips ALIVE [VHS] ミスチルで唯一プロモ集といえばこのビデオだけです。お勧めプロモは「花」と「ALIVE」ですね。「花」はサビに入る寸前がカッコいいですよ。桜井さんがドラムの鈴木さんを探していて屋上にいるとメンバーに教えてもらいギター片手にみんなで屋上に出て行くんです。その瞬間がたまらなくカッコいい!!また白黒であるため、吐く息が見えるのも特徴ですね。「ALIVE」は僕も大好きな丹修一さんの作品。歌の歌詞の通りに生きるを肌で感じました。
教育問題はなぜまちがって語られるのか?―「わかったつもり」からの脱却 (どう考える?ニッポンの教育問題) 社会科学的な視点からの教育問題を考える本。社会科学的な視点がメインで教育問題は単なる素材であり,この本によって教育問題に対する確固とした考え方が身につくわけではないが,社会科学的な方法論には親しむことができる。
教育問題を巡る世間の議論の水準を上げるため,その議論のどこがまずいのかを批判するともに,因果関係に関する考え方などについても触れているが,因果関係と相関関係は異なること(相関関係があっても因果関係があるとは限らないこと)の説明はなぜかない。
統計の見方に関する説明(pp.151-152)もかなり不適切といえる。友達がいる/いないで問題行動を起こす/起こさないに差が出るという仮想例をもとに「友達がいないと「必ず」問題行動を起こす」は間違いというそれ自体では正しい命題を述べるが,そういう見方をすれば統計で得られる情報をほとんど捨ててしまうことになる。この仮想例に即していえば「友達がいないと(いる場合に比べて)30倍以上問題行動を起こす」と読み取るべきであろう。もし教師の注視により問題行動が起きにくくなるのであれば,この仮想の統計から言えることはみんなを注視するより友達がいないケースに注力するほうが問題行動が起きにくくなるということではないか。筆者もp.122では他のことに関して「論理的には間違っていないけれど,現実に起こる確率の問題を無視しています」と述べているのだが。
筆者の考え方を述べる部分には残念ながら論理が飛躍又は破綻している箇所が多くみられる点も残念。その意味で反面教師として読むべき本といえる。
効果が数字で示せるかについて筆者は批判的なようだ(「教育で達成しようとする目標は,数字にできないものが実に多い。」)が,測定は可能か不可能かの2通りしかありえないという誤った2分法をもとに批判している点(例えばp.185)はいただけない。
また,頭痛がすることに対処するため「大根の葉っぱを足の裏に貼る」ことを,筆者が勝手にこしらえたインチキ療法だから無効であると断言する(p.173)が,このような自分の論理のでたらめさにはなぜか筆者も編集者も気が付かないらしい。筆者が勝手にこしらえたインチキ療法であることから言えるのは「有効である根拠に乏しい」ということまでであって,きちんと二重盲検差をしてみないと無効であるということはできない(検査にはお金がかかるので根拠がない療法をだれも検査しないだけ)。「勝手にこしらえた療法を有効であると主張する」のと同じ程度のでたらめさを「勝手にこしらえた療法を無効であると主張する」ことが持っていることになぜ気が付かないのだろうか?

Mr.Children詩集「優しい歌」 彼独特の詩の世界を堪能できます。
写真もホントにすばらしい。
彼の世界をより引き立ててくれます。
心に雲がかかっていると感じてる方。
少しは、光がさしてくると思います。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アニメ動画ランキング

today:006 yesterday:012
TOTAL:8441
Ads by Sitemix