アジアのベストキッドま~くんの仰天動画評論

アイドル画像ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.REGZA
2.よしだたかし
3.スコット・ロス
4.青い珊瑚礁
5.夢工場ドキドキパニック
6.The Shocking Blue
7.仮面
8.ツイン・フィズ
9.カサリンチュ
10.山内賢

ゲーム動画ランキング
オーケストラ! [Blu-ray] ルーマニアからフランスに亡命したラデュ・ミヘイレアニュ監督は脚本も担当したわけだが、映画では、政体としてのコミュニズムを随所で否定しながら、ロシア人による自発的な団結を肯定的に描くことに拘りを見せたように感じる。オケが30年ものブランクそれもリハなしで好演を果たし得たのは、個々の演奏家の能力だけでなく、労働者になりながらも音楽の女神に30年間思いを寄せ続け、その女神のもとに再結集したコミューンの正当なる力だったのだ。党大会を企画し共産党再興を願うカブリーロフも、本当に願っていたのは共産党の再興ではなく、団結にあったのは明白だろう。
こうした東欧的な重い話題をさらりと扱っているところに監督のエスプリを感じる。
そして、そうした理想世界をなし得るのは音楽だけなのだと主人公に言わせているところに、熱い音楽愛を感じる。

主演のアレクセイ・グシュコブ、その妻役を演じたアンナ・カメンコヴァをはじめとするロシア系俳優たちが国際映画を舞台に底力を見せた。とりわけアレクセイの表情で語る演技のすごさ、妻イリーナがカブリーロフを叱責するときのアンナの演技は素晴らしかった。

最後のコンサートのシーン、ほろりと涙が出てきたのは、きっと何より演奏それ自体が良かったのだろう。
もしも私に音楽の知識があったらもっと楽しめたのかもしれないと思うと残念だった。

パタリロ! ~とにかく当時アニメが好きだった方、今でもコミックを買い続けている方(私もその中の一人ですが)、ファンの方に強くおススメします。小学生の時にアナログ2枚組のサントラを買いましたが、そっちの方がもう少し曲数が多かった分内容が濃かったと思います(ベルサイユのひまわりの曲なんかも入っていましたし)。それから、個人的な欲を言えば、マライヒの~~曲は、アニメのとおりピアノの伴奏で聴きたかったです。
でも、「クックロビン音頭」や「輝け!タマネギ部隊」はやっぱりイイですね。大好きです。~

悪意 (講談社文庫)  一人称の形で物語は進行する。ある作家が殺される。犯人は案外あっさりと分かる。しかし、その犯人はなぜか動機を語ろうとはしない。次々と動機に関係ありそうな事柄が浮かび上がってくるが、決め手となるものはない。謎はますます深まってゆく。そして、犯人自身によって真相が語られる。それは込み入っており、われわれ読者が想像できる範疇を超えている。作家というもののエゴを感じずにはいられない。しかし、犯人が動機を語らなかったのは、愛する人を守るためだった。そこからは、人間の本質が見えてくる。悪意というタイトルがついているが、事件の真相からは犯人の悪意は見えてこない。むしろ、自分ではどうしようもない感情に流される人間の弱さ、哀しさ…そういったものが浮かび上がってくる。このストーリーは決して特別なものではなく、われわれがともすれば陥りかねないわなを描き出している。どこにでもある、私たちみんなが持っている悪意。それが時には、殺人事件を引き起こすこともあるのだ。私たちは、彼ら(殺人犯)を特別な人間と考えるのではなく、同じ人間としてとらえるべきであろう。
 …と思っていたら、最後に大どんでん返しが待ち受けていた。これまでの出来事がすべて覆されてしまうほどの。さすが東野圭吾、と思わせる作品である。ミステリー好きを満足させるに足る好著。
 悪意―。このタイトルの持つ本当の意味を知ったとき、読者は人間の不可思議さ、その心理の微妙さに思いを致さずにはいられないだろう。人間の持つ業が見事に表現されている小説である。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アニメ動画ランキング

today:035 yesterday:014
TOTAL:12197
Ads by Sitemix