藤本住職ひ~ちゃんの情熱ビデオ

洋楽ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.明日の神話
2.伊秩弘将
3.KARAオイ
4.エイズ
5.内山まもる
6.青春ド真中
7.デボラ・ハリー
8.白倉由美
9.厳選いい宿
10.冬季ねあ

◆JPOPランキング◆
ジョーカー 許されざる捜査官 DVD-BOX 堺雅人が好きなので見始めました。
成敗される奴らがほんっとに悪いやつらなので
勧善懲悪ものとして楽しめました。

一見チャラいけど過去を引きずってる錦戸亮もよかったです。
最終話で過去の真相も意外な展開でびっくりしました。

続編もありそうなのでぜひやってほしいです。
これまで結構犯人捕まえてるはずなので
次回作では署内での伊達さんの地位を
もっと向上させてあげてほしいです。

楼蘭 (新潮文庫) 久しぶりに読み返す機会がありました。表題作を含めて12の短編集です。表題作の「楼蘭」という地名は当時の現地の呼び名「クロライナ」に漢字を当てたものですが、あのように美しい漢字が当てられていなかったら、ここまで日本人のロマンを呼び起こさなかっただろうなとも思います。

表題作はヘディンの「さまよえる湖」に想を得た、砂の中に埋もれたかつてのオアシス都市の物語。穏やかな筆致で、さらさらとした砂の中から現れ、消えていった都市の運命が描かれます。

個人的ベスト3は、「狼災記」「褒・(ほうじ:漢字が出ませんでした)の笑い」「補陀落渡海記」です。「狼災記」は中島敦の「山月記」に比されることも多い人間の変化ものですが、山月記よりももっと冷たくて厳しい結末が待っています。「〜笑い」は、笑わない寵姫が夷敵来襲ののろしを見たときにふっと見せた笑顔が忘れられず…という傾国の美女ものです。のろしの火と美姫の笑顔の取り合わせが美しく印象的な作品です。「補陀落渡海記」は和もの。主人公は、代々の住職が生きながらにして海の向こうの西方浄土を目指さねばならない寺で住職となってしまったがために…という主人公の迷いと周囲の期待(煽り)の息苦しさがすさまじいです。

いずれの作品も読後に「あぁ…」と思いますが、重苦しい余韻が後をひくということはありません。主人公らのたどる運命は、むしろ少し輝いて見えたりします。これは希代のストーリーテラーと評された著者の筆のなせるわざですね。描かれた世界を感じるのが心地よく、何回も読み返したい短編集です。

ロボットアニメ大鑑 下巻 もともとJ9シリーズの歌が欲しくてないかな〜と探していたら
1999年に一度出ていたものの高値で取引されていたので断念。
その後先にインディーズものとあってしまい2枚組×3作品分を購入しました。
3作品がそろった後これの発売を知り、散々悩みましたが、
やはり歌だけ欲しかったので購入を決意しました。

やっぱり本家本元はいいですね。
思わず聞いてて涙が出てしまいました。

せめて半年前に出ていたら…懐が寂しくならなかったかも。


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
ギャルランキング

today:020 yesterday:019
TOTAL:11588
Ads by Sitemix