辣腕プリティてるおくんの気になる携帯動画

アイドル動画ランク
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ことぶきつかさ
2.龍虎の拳
3.無料アプリ
4.ラクガキ王国
5.無料着メロ
6.カブキロックス
7.連城三紀彦
8.AIR
9.ブレス オブ ファイアIII
10.

ゲーム動画ランキング
【日本版】イエス/アコースティック [DVD] 以前から輸入盤では購入可能な作品であったが、今回の日本盤の発売において、シッカリと付加価値が付いている点を評価したい。

本編映像は以前のものと同じ。全体ボリュームが少ない点も変わらないが、いわゆるアンプラグドというには、とてもチャレンジングなアレンジによる新解釈も嬉しい所だ。(ここでの冒険の成果が、イエスとしての「フル・サークル」ツアーでのセットリストに反映されたわけだ)

付加価値部分は、リハ映像だが、母国ではDJやTV番組の司会者としても活躍実績のあるリックの軽妙でユーモアの聴いたナビゲーターぶりは秀逸で、これに日本語字幕が無かったら、ここまで楽しめないものだ。


小田和正インタビュー たしかなこと この本は発売と同時に購入していたのですが、読んだのは つい最近です。
どうしてかというと目次に「カウントダウン」という章があり、小田さんの音楽活動のカウントダウンについて触れているのかもしれないと勝手に想像していたので読むのが恐かったからです。
しかし最近の小田さんの活動を見聞きするにつけ、その不安は払われたので、やっと読む気になりました。

読んでみると まるで今すぐそこで小貫さんと小田さんのやりとりを聞いているようで、すごく楽しく、大学時代のエピソードのところなんかは「アハハ・・」と思わず声を上げて笑ってしまいました。
ずっと小田さんを取材してきた小貫さんだから小田さんの素の部分をこんなにたくさん引き出せたのでしょう。
インタビューの中身はもちろん星5つですが、小貫さんが読者に向けて書いた“はじめ”と“あとがき”が、とっても自然体で読みやすく、素敵だと思いました。


心に太陽を持て (新潮文庫) 本のタイトルを眺めるのが好きなのは私だけでしょうか?作者の本に込めるエネルギーをいただける感じがして、私は大好きです。この本も題名に強く惹かれました。児童書というジャンルがまだなかった時代、作者が若い人に伝えたいと願ったものとは何か。今と変わりはしないと思う。短編集なので読みやすいし、これから就職しようという若い方に、是非読んでほしいです。
特に、バイソンの道が好きです。心に太陽を持てます。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アニメ動画ランキング

today:003 yesterday:004
TOTAL:12349
Ads by Sitemix